PORTOFKITAKYUSHU
開港130周年記念

- 北九州港について -北九州港の構成港である門司港が、特別輸出港に指定された 1889年(明治22年)から起算して、2019年で130周年を迎えます。1963年に門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市の五市が合併して北九州市が誕生しました。それを契機に、1964年、外国貿易の「門司港」、国内流通の「小倉港」、および工業港の「洞海港」を統合して「北九州港」となりました。この間、北九州港は、「物流」「産業」「にぎわい」の拠点として、発展してまいりました。開港130周年を迎えるにあたり、今後さらなる地域活性化の拠点を目指して、記念事業を進めてまいります。皆様のご協力をお願いいたします。

ABOUT THIS PROJECT >

北九州港開港130周年記念スペシャルイベント

- 11/16(土)・17(日) 10:00〜22:00 -

- スペシャルイベント コンテンツ一覧 -

にぎわい創出事業

- 船舶公開、関門海峡クルージング、etc… -

人材育成事業

合同会社説明会、ゆめみらいワーク、etc…

130th NEWS

イベントの案内や各種関連ニュース

ランボオ 門司港駅前広場に登場します!

駅からカバン持って降りてきます。モソロフの交響曲と共に。今日はスタッフY ukoの手塗りシャボン器が5色揃いました。ランボオのシャボンはプロ仕様で工場に買いに行ってます。割れにくい大きなシャボン玉です。門司港駅に飛ばしまくる予定です。
http://www.hanano-j.com/index.html

みんなで灯をつけよう!

門司港一帯が竹灯籠・竹ランタンで埋め尽くされます。

一緒に灯りをともしてくれる市民を募集します。

参加自由。申込不要。

希望者はチャッカマンを持参して 16日17時 旧大連航路上屋入口に集合。(16日17時~21時 @門司港一帯)

FM KITAQ「北橋市長のハートフルトーク」で北九州港開港130周年記念事業が紹介されます!

■インタビュアー:伊藤美佳(FM KITAQ)
■放送テーマ   :「北九州港開港130周年」について
■内容 :今年、開港130周年を迎える北九州港の歴史を振り返るとともに、130周年記念事業を紹介する。
■放送日 :令和元年10月の毎日曜、月曜日

「錨(いかり)モニュメント・アートプロジェクト」

北九州港開港130周年事業として、北九州市港湾空港局・門司庁舎(門司区西海岸)前に設置してある「錨(いかり)」を130周年記念モニュメントとして、リニューアルします!/

このリニューアルに合わせ、モニュメントの装飾に使用する陶器絵画を作成するワークショップを開催します⚓どなたでもご参加いただけます。ぜひお気軽にお申込みください!

港湾空港局門司庁舎前錨。開港100周年時に設置

【陶版画を描こう!ワークショップ内容】
○ 日時 令和元年10月5日(土)、6日(日)
1回目:10:00~、2回目:13:00~、3回目:15:00~
○ 場所 門司港美術工芸研究所(北九州市門司区東港町6-72 港ハウス2階)
○ 内容 錨に貼る陶器絵画を制作します。
○ 参加費 無料。申し込みは、門司港美術工芸研究所(093-322-1235)へ。

シーボーン・ソジャーン

ホームページをオープンしました。

北九州港は今年130周年を迎え、さらなる発展を目指し、各種事業を行なっていきます。どうぞよろしくお願いします。

130th PARTNERS

130周年パートナー

CONTACT

北九州港開港130周年および130周年事業に関するお問い合わせはこちらまでご連絡ください。

【北九州港開港130周年記念事業実行委員会事務局】
担当:中江、小林、竹本
093-321-5939
kouwan-cruise@city.kitakyushu.lg.jp